播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

高校野球ユニフォーム集

高校野球ユニフォーム・奈良

天理(天理市) 1980~90年代にかけて、春1回・夏2回の全国制覇を果たした名門。袖のマークは校章ではなく天理教の紋章らしい。 紫を基調としたユニフォームはすっかりお馴染みだが、古くは白い帽子の時期もあったようだ。 智弁学園(五條市) 天理高が一時…

高校野球ユニフォーム・栃木

コメントを下さった方から、「是非とも栃木県勢のユニフォームを紹介してほしい」とのリクエストを受けたので、やってみることにした。 作新学院(宇都宮市) 1962年、高校野球史上初の甲子園春夏連覇を達成。1973年には江川卓投手でブームを巻き起こした名…

高校野球ユニフォーム・静岡

静岡(静岡市) 静岡中時代の1926年、夏の甲子園で優勝(静岡県勢の夏制覇はこの時が唯一である)。戦後、静岡高となってからも1960年と1973年の夏にそれぞれ準優勝している。押しも押されもせぬ古豪だが、近年も衰退することなく頻繁に甲子園に出場している…

高校野球ユニフォーム・福岡

小倉(北九州市) 戦前から続く文武両道の名門で、夏は優勝2回。1947年夏は旧制小倉中、翌48年夏は新制小倉高として2連覇を達成した。春の選抜でも2回の準優勝を誇る。 胸のKマークが、ドイツ文字を意識したのかかなり独特のデザインだ。 三池工(大牟田市)…

高校野球ユニフォーム・北海道

駒大苫小牧(苫小牧市) 2004年夏、白河の関を大きく飛び越え、初めて優勝旗を北海道に持ち帰った。翌年も57年ぶりとなる夏の甲子園2連覇、更に翌年は3連覇こそならなかったものの、早実との引き分け再試合の末に準優勝。その大活躍は今も記憶に新しい。 帽…

高校野球ユニフォーム・香川&徳島

高松商(高松市) 1924年に行われた第1回センバツの優勝校であり、春夏それぞれ2回ずつの優勝を誇る香川の名門。いわゆる「四国四商」の1校をなす学校だが、1996年春夏を最後に甲子園からは遠ざかっている。1回の守備につく前の「志摩供養」は有名(現在は甲…

高校野球ユニフォーム・京都&滋賀

平安→龍谷大平安(京都市) 春38回・夏32回の甲子園出場は全国最多。特に夏の大会に相性が良く、優勝3回・準優勝4回を誇る。春の選抜は長らく優勝経験がなかったが、2014年に初優勝を果たした。純白の地に紺のブロック体で「HEIAN」とのみ書かれたシンプルな…

高校野球ユニフォーム・広島

広島商(広島市) 春1回、夏6回の全国優勝を誇る、戦前から続く名門。堅い守りとバントを駆使する「広商野球」に、しゃもじを叩く応援スタイルで有名だが、近年は甲子園から遠ざかって久しい。 一説によるとこのユニフォームは早稲田大をイメージしてデザイ…

高校野球ユニフォーム・岡山&鳥取

岡山東商(岡山市) 1965年春のセンバツで優勝した、岡山を代表する名門(岡山県勢の甲子園優勝は現在のところ、春夏通じてこの1回のみ)。ユニフォームのクリーム色は地元の名産の桃にちなみ「白桃色」と呼ばれている。 岡山南(岡山市) 1970年代後半~90…

高校野球ユニフォーム・石川&福井

星稜(金沢市) 甲子園では幾多の名勝負を演じ、数々のプロ選手も輩出。1995年夏には準優勝も達成した北陸の名門。クリーム色の上下に青い帽子のカラフルなユニフォームは、1度見れば忘れられないインパクトがある。現在は袖に学校法人稲置学園のマークが入…

高校野球ユニフォーム・神奈川

横浜(横浜市) 春3回、夏2回の全国優勝、1998年には春夏連覇も達成した、押しも押されもせぬ名門。 グレーの地に「YOKOHAMA」のロゴはすっかりお馴染みだが、1973年春の初出場優勝の頃は右のイラストのように、地の色がもっとブルーグレーに近かったようだ…

高校野球ユニフォーム・千葉&茨城

銚子商(銚子市) 「黒潮打線」の異名をとり1974年夏に全国優勝。1965年夏と1995年春には準優勝もしている名門。 紺を基調に胸に「CHOSHO」、帽子に「C」の基本デザインは昔から同じだが、ユニフォームの地の色が何故か頻繁に変わっている。1974年をはじめ、…

高校野球ユニフォーム・高知

高知商(高知市) 高松商・松山商・徳島商・高知商のいわゆる「四国四商」の中では最後発だったが、1978年夏に準優勝、2年後の1980年春に初優勝。 昔、某掲示板にて「一番暑い夏の日の一番暑い時間帯、午後の第3試合辺りが似合うユニフォーム」と書いていた…

高校野球ユニフォーム・愛知

中京→中京大中京(名古屋市) 戦前の夏の甲子園で3連覇、戦後も1966年に春夏連覇。当時の校名は中京商だったが春夏連覇の翌年に中京高と改められ、現在は中京大中京となった。現在のユニフォームはかつての中京商→中京高時代のものとはガラリと変わってしま…

高校野球ユニフォーム・沖縄

沖縄水産(糸満市) 1980~90年代、沖縄球界において大きな足跡を残した沖縄水産。1990~91年、夏の甲子園で2年連続準優勝を達成した。袖に描かれた沖縄県のマークは、まだ沖水の名前さえ知らなかった幼き日の私にも強烈な印象を残した。帽子のマークは「沖…

高校野球ユニフォーム・愛媛

松山商(松山市) 大正・昭和・平成の各時代で甲子園を制覇した、戦前から続く名門。特に夏の甲子園に強く「夏将軍」の異名をとった。三沢高との引き分け再試合を制した1969年夏の優勝は特に有名だが、個人的には「奇跡のバックホーム」を起こした1996年夏の…

高校野球ユニフォーム・大阪

浪商(大阪市→茨木市) 野球王国・大阪を代表するのみならず、全国にその名を轟かせた名門。甲子園で残した実績もさることながら、輩出したプロ選手も数多い。現在は熊取町に引っ越し名前も大体大浪商と改められたが、純白に「NAMISHO」のユニフォームは当時…

高校野球ユニフォーム・和歌山

箕島(有田市) 尾藤公監督の下、1970~80年代に春3回・夏1回の全国優勝、1979年には公立校で唯一の春夏連覇と一時代を築いた。ヘルメットは白で、肩のラインが特徴的。1970年春のセンバツで初優勝した頃は、帽子のMマークがドイツ文字だったようだ。 智弁和…

高校野球ユニフォーム・東京

早稲田実(新宿区→国分寺市) 春夏1回ずつの全国優勝を誇る名門、ご存じ早実である。早稲田大の系属校なのでユニフォームも白と臙脂の早稲田スタイル、左袖にB(businessの略か?)の文字が入っている。 もっとも昔からずっと同じデザインだったわけではなく…

高校野球ユニフォーム・兵庫

もうすぐ夏の高校野球が始まる。既に地方によっては地方大会が開幕したところもある。 というわけでこれから数回に分けて、高校野球のユニフォームをアップしてみる。 袖の文字や校章など、細かい部分は結構いい加減だが、フォントや色使いなどはできるだけ…