播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

四国フェリー


四国フェリー社歌 - YouTube

 

岡山に住んでいた学生時代、ある年の夏休みに友人たちと四国へ行った。

その帰り道、高松から岡山までフェリーを使って渡ることになった。

私は旅の疲れのせいかグッタリしていたので、あまりよく覚えていないのだが、その船内で流れた曲が何とも強烈な印象を残した。

それからしばらく忘れていたのだが、2年ほど前からまたこの曲が気になり、いろいろ調べたところ、やはりネット上に曲がアップされていた。

この曲は四国フェリーの社歌で、フェリーに乗ると船内放送のBGMに必ず流れる。

軍歌のような校歌のような、はたまた文部省唱歌のような、何とも勇ましいメロディである。歌詞も本社のある高松を拠点に、宇高航路や小豆島航路の風景を織り込んだ情緒あふれるものだ。

下の写真は昨年、宇野港で撮った四国フェリー「玉高丸」の写真。

f:id:matrixakio:20140525021805j:plain

1.

かすむ屋島や 檀の浦

稲木は過ぎて 地蔵埼

楽しい旅の 想ひ出を

 乗せて行く行く 神戸丸

白い船体 水面に映えて

播磨の海に 陽が昇る

 

2.

緑したたる 島影や

錦にかおる 寒霞渓

島の乙女の唄声を

 乗せて行く行く 小豆島丸

赤いファンネル ブルーの海に

うつして今日も 波を切る

 

3.

玉藻の城を あとにして

過ぎる男木女木 帆槌鼻

明日への希望 一杯に

 乗せて行く行く 玉高丸

白い航跡 かもめが群れて

備讃の海に春を呼ぶ

 

4.

汽笛がむせぶ 霧の夜も

白波吠える しけの日も

力を合せ腕を組み

 進む我らは 四国フェリー

守れ安全 果そう使命

四国フェリーに栄あれ