播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

名将

f:id:matrixakio:20141217160025j:plain

東洋大姫路高校野球部を率いた名将、梅谷馨監督を描いてみた。

1941年11月、島根県生まれ。益田産高から山陽特殊製鋼に進んで活躍した後、1963年に開校・創部した東洋大姫路高の監督に就任。当初は山陽特殊製鋼に勤務する傍ら、業務を終えるとタクシーで練習にかけつけていたが、1965年に同社が倒産すると、その後は同校の職員となった。

1969年、夏の甲子園に初出場。その後コーチを経て監督に復帰し、1977年夏の甲子園ではエースの松本正志投手を擁し、東邦高との決勝戦、安井浩二捕手のサヨナラホームランで初優勝を決めた。

1987年に退任するまで、甲子園には春3回・夏5回出場。春のセンバツはベスト4が2回、夏の選手権は優勝1回、ベスト4とベスト8がそれぞれ1回。弓岡敬二郎や豊田次郎、長谷川滋利らのプロ選手も育てた。

2006年11月、64歳で死去。

 

f:id:matrixakio:20141217230620j:plain

高校のすぐ近く、書写山西坂参道の入口にある安養寺。かつてこのお寺の中には書写保育園があり、梅谷監督の自宅もここにあったという。

余談だが、山陽特殊製鋼には私の祖父が若い頃、冬場の出稼ぎに行っていたことがあるという。

それにしても自分の手にかかると、高校野球の鬼監督も妙にかわいらしい顔になってしまう。