播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

擬人化とレコード大賞

f:id:matrixakio:20141226064618j:plain

前にこちらで書いた「はりもぐハーリー擬人化バンド」の続き。

今回は年末恒例の『輝く!日本レコード大賞』で歌う絵を描いた(NHKつながりで紅白歌合戦でも良かったかも知れない)。例によって楽器は手抜きっぽくなってしまった。

過去のレコード大賞の映像を観ていると、受賞歌手はイラストのようにトロフィーと山ほどの花束を抱えて歌っているが、近年はあまり見かけない。いつの頃からやらなくなったのだろうか。

自分のような昔人間にとっては、紅白歌合戦レコード大賞といえば、やっぱり今でもそれなりのステータスのある音楽番組と考えてしまうのだが、今の若い人たちにとってはどのような位置づけなのだろう、ということが気になる。