播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

高校野球ユニフォーム・高知

f:id:matrixakio:20150712004236j:plain

高知商高知市

高松商松山商徳島商高知商のいわゆる「四国四商」の中では最後発だったが、1978年夏に準優勝、2年後の1980年春に初優勝。

昔、某掲示板にて「一番暑い夏の日の一番暑い時間帯、午後の第3試合辺りが似合うユニフォーム」と書いていた人がいた。言われてみれば何となくそうかも知れない。

 

f:id:matrixakio:20150712004308j:plain

高知高知市

1964年夏に全国優勝。この時は胸に「KGHS」(Kochi Gakuen High Schoolの略)と書かれていたが、分かりにくいとクレームがつき、現在の「KOCHI」に変更されたという。このユニフォームでも1975年春に優勝した。白と臙脂の早稲田スタイルだが、ロゴがブロック体で黄色い縁取りがついているのが個性的だ。

 

f:id:matrixakio:20150712004337j:plain

土佐高知市

1953年夏、1966年春に準優勝。攻守交代の際の全力疾走で有名。純白一色で胸に紋章のみの非常にシンプルなユニフォームだが、この紋章は厳密に言えば校章ではないらしい。近年では2013年春のセンバツ21世紀枠で久しぶりに出場した。

 

f:id:matrixakio:20150712004400j:plain

明徳義塾須崎市

1980年代から力をつけ、90年代以降は甲子園の常連となり、2002年夏に全国優勝。胸の文字の書体は高知県内で盛んな相撲の文字だという。帽子のMマークは現在のロッテのマークと同じだが、昔は早稲田スタイルの花文字の「M」だったようだ。

 

f:id:matrixakio:20150712004424j:plain

伊野商(いの町)

1985年春のセンバツで、KKコンビを擁して常勝無敵を誇ったPL学園を破り、その勢いを駆って初出場優勝。実際は左袖に校章が入る。心なしか高知商と雰囲気が似ているような?

 

f:id:matrixakio:20160225232927j:plain

中村四万十市

1977年春、部員わずか12人で選抜に初出場し決勝進出。箕島高に敗れ準優勝に終わったものの、「二十四の瞳」と呼ばれ話題となった。エースの山沖之彦投手はその後、阪急ブレーブスなどで活躍した。

実際は左袖に校章が入る。ロゴの赤い縁取りがとても印象的だ。

(2016.2.25追記)