播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

高校野球ユニフォーム・福岡

f:id:matrixakio:20151123020307j:plain

小倉北九州市

戦前から続く文武両道の名門で、夏は優勝2回。1947年夏は旧制小倉中、翌48年夏は新制小倉高として2連覇を達成した。春の選抜でも2回の準優勝を誇る。

胸のKマークが、ドイツ文字を意識したのかかなり独特のデザインだ。

 

f:id:matrixakio:20151123020315j:plain

三池工大牟田市

1965年夏、春夏通じて初めての甲子園で初出場優勝。その後は現在に至るまで甲子園に出場していないため、現在まで甲子園では勝率10割の負けなしである。同校を率いた原貢監督はその後、東海大相模で黄金時代を築いた。

1960年代のユニフォームによくあるズボン番号が入っている。帽子のMマークは当時は白、現在はオレンジ色のようだ。

 

f:id:matrixakio:20151123020354j:plain

東筑北九州市

優勝経験こそないが、ここも小倉と並ぶ文武両道の名門。仰木彬監督の母校でもある。

白と臙脂のスタンダードな早稲田スタイルで、実際は左袖に校章が入る。

 

f:id:matrixakio:20151123020418j:plain

西日本短大付八女市

1992年夏の甲子園で優勝。あの新庄剛志選手の母校としても知られる。

胸に漢字で「西短」のシンプルなデザインだが、新庄の在学中は「NISHIDAI」と書かれていた時期もあったようだ(何故「NISHITAN」ではなく「NISHIDAI」なのかよく分からない)。実際は左袖に校章が入る。

 

f:id:matrixakio:20151123020443j:plain

福岡第一(福岡市)

1988年夏の甲子園で準優勝。深緑と縦縞、筆記体の「Daiichi」ロゴという基本デザインは変わらないが、ロゴに黄色い縁取りがついたり縦縞の幅が太くなったり、いろいろマイナーチェンジを繰り返しているようだ。ここでは1988年のものを掲載した。