播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

高校野球ユニフォーム・北海道

f:id:matrixakio:20150807174642j:plain

駒大苫小牧苫小牧市

2004年夏、白河の関を大きく飛び越え、初めて優勝旗を北海道に持ち帰った。翌年も57年ぶりとなる夏の甲子園2連覇、更に翌年は3連覇こそならなかったものの、早実との引き分け再試合の末に準優勝。その大活躍は今も記憶に新しい。

帽子のKマークは白だが、何故かヘルメットのマークは黄色(金糸か?)になっていた。

 

f:id:matrixakio:20150807174709j:plain

駒大岩見沢岩見沢市

駒大苫小牧が台頭する前、北海道の高校野球における名門といえばこの駒大岩見沢だった。このグレーのユニフォームと「ヒグマ打線」と呼ばれた強力打線は有名で、1993年春にはベスト4にも進出したが、2014年3月を以て廃校となった。

帽子のマークは「KOMAZAWA」だが、「K」1文字の時期もあったようだ。

 

f:id:matrixakio:20150807174607j:plain

北海(札幌市)

更に歴史をさかのぼると、北海道で最初の名門はこの北海高だった。プロに輩出した選手も数多く、1963年春の選抜では準優勝している。

 

f:id:matrixakio:20150807174737j:plain

東海大四(札幌市)

今春のセンバツで準優勝した。縦縞に筆記体ロゴというお馴染み東海大系のユニフォームだが、白地で袖文字もない比較的シンプルなデザインだ。現在はストライプが太くなり、間隔も広くなったようだ。