播州オクトーバーフェスト

日頃の出来事や日々思うことなどを、取りとめもなく書いていきます。地元ネタが多いです。

高砂神社秋祭り2013 宵宮

2013年10月10~11日、高砂神社の秋祭りを見に行った。

 

 

f:id:matrixakio:20140824012127j:plain

戎町だんじり。「大きな声を出さなあかんねんで~」とおじさんの声が聞こえる。漫画「よつばと!」の世界。

 

f:id:matrixakio:20140824012413j:plain

高瀬町だんじり。何故かかけ声を「よーいやさっ」とアレンジしていた。

 

f:id:matrixakio:20140824012531j:plain

御旅所祭。高砂神社の御旅所祭は毎年、ショッピングモール「サンモール高砂」の駐車場にて行われる。この日は秋祭り保存会の代表に高砂市長、衆議院議員渡海紀三朗氏も来ていた。静粛な儀式の周りで子どもたちがはしゃいでいる光景がとても好きだ。

 

f:id:matrixakio:20140824012918j:plain

願い事をしながら神輿の下をくぐると願いが叶うという。

 

f:id:matrixakio:20140824013058j:plain

高砂漁協前の堀川。この年は3年に1度の神事「船渡御」が行われた。私が行ってみるともう既に多くの人が集まっていた。右側の船に神輿を積み込む。 

 

f:id:matrixakio:20140824013316j:plain

いよいよ船に積み込まれる決定的瞬間がぶれてしまった。何しろ積み込みは一瞬のことだったし、撮影の難しい夕暮れ時だったので…。

 

f:id:matrixakio:20140824013438j:plain

ところ変わって高砂神社の境内。とても幻想的な光景だ。

船渡御の後で神社に参拝している時、隣のおじさんが「今ここには神様はおらへんで。船に乗って行っとるからなぁ」などと話していた…言われてみれば確かにその通りだ。

 

f:id:matrixakio:20140824013604j:plain

船渡御を終えた神輿は再び戻り、掛け声と共に清めの水をかけられ、無事に神社へと帰って行った。

 

高砂には家族ぐるみで付き合いのある古い友人が住んでいるので、私は毎年秋祭りを見に行くことにしている。

高砂といえば自分には「工業都市」のイメージが強かったが、船渡御の時に周りに掲げられていた沢山の大漁旗を見ると、ここが漁業の街でもあることに気づかされた。

本宮へ続く)